スポーツ漬けの毎日

スポーツ観戦漬けの毎日で思ったことを文字にします Twitter @dioscola

ドラフト会議迫る

今週の木曜日にはプロ野球のドラフト会議が行われます
今年は高校生大学生社会人に独立リーグと投手が豊作と言われており、投手の指名が多いと考えられます

どのチームが誰を指名するかということは、ロッテが田中正義投手を指名すると明言した以外はわかりません

というわけで、阪神オリックスだけではありますがこういう選手がほしいというのを考えてみます
阪神は投手王国と言われていましたが、能見投手も昔ほどは勝てない、岩田投手も今シーズンは未勝利、若手投手もケガで離脱するなど、コマ数が揃わない時期が続きました
なので、来シーズンフル回転してもらえる即戦力投手が必要だと考えます
阪神は大卒社会人の即戦力投手を一位で獲得したときはいつもと言ってよいほど1年目の活躍がありません。
そういったことを考えて、即戦力として保証された投手(なかなかいないと思いますが・・・)を指名してほしい
また、走塁改革を訴えながらも相変わらず盗塁が少ないので自分から盗塁を仕掛けていけるような足がはやい選手
あとは高卒の投手(願わくば左腕)がほしい
中継ぎ投手不足が否めないので中継ぎ(向き)の投手
あと、ずっと言われていますが右の長距離砲
今思い浮かぶのはこのような感じ

オリックスも同じく投手がほしい
先発投手と先発中継ぎ問わず左腕がほしい
あとは、小技が効く選手が多いのでスケールの大きな選手

ドラフト会議で注目となるのはやはりくじ
その両球団のくじの結果とその傾向について考えます
阪神はかつてPL学園の清原選手をくじで外してから藤浪投手をくじで当てるまで外し続けました
藤浪投手をくじで当ててからは岩貞投手、高山選手とくじで当てた選手は良い成績を残しています
反対に、外した選手を考えると当ててもあまり意味なかったなと思う選手が少なくないように思います

オリックスはどうでしょう
オリックスオリックス・バファローズに球団名が変更されてからはくじをずっと外しているようです
前進の近鉄オリックスブルーウェーブ時代は指名するも拒否されることが少なくありませんでした
また、くじで外した選手がことごとく大活躍しています(田中将大中田翔山田哲人選手など)
そのためにショックがあまりにもでかい
しかし、吉田一将投手や吉田正尚選手をといった一本釣りしたケースもあります

また今年もテレビ中継があるようなので、結果を知ってから録画したものを見ようと思います