スポーツ漬けの毎日

スポーツ観戦漬けの毎日で思ったことを文字にします Twitter @dioscola

安藤投手、狩野選手、引退

シーズンの終盤となると、選手の引退の報道が出てきます

阪神は、ここ数日で安藤投手、狩野選手の引退が報じられました

安藤投手は、2003年はセットアッパーとして、2005年は先発投手として優勝に貢献しました。開幕投手を経験し、オリンピックでは日本代表としても活躍しました。また、近年でもリリーフとして活躍しましたが、若手の台頭により出番が激減していました。

また、狩野選手は一時期は正捕手としてレギュラーを掴みましたが、城島捕手の加入や自身の腰痛などでレギュラーから外れ、一時期育成選手のなりましたが、代打選手として復活しましたが、今シーズンはほとんど出番がなくなりました。

 

活躍選手の引退ということは寂しく思いますが、阪神は以前と比べて積極的に若手選手を起用しているため、選手の入れ替えの時期に来ているのかもしれません。安藤投手や狩野選手は阪神タイガースへの貢献度の高い選手ですから盛大に選手としての最後を見送らないといけません。

先程も述べたように、阪神は選手の若返りを積極的に行っていますから、これからも引退や構想外、戦力外の報道が出てくることでしょう。