スポーツ漬けの毎日

スポーツ観戦漬けの毎日で思ったことを文字にします Twitter @dioscola

途中加入外国人の持つ意味

今日からオールスター明けでペナントレースが再開します

交流戦以前ほどではありませんが、後半戦の開始という意味でまた新たな気持で

と意気込む選手や監督もいると思われます

その、切り換えという意味では新たな戦力を獲得して起用していく球団も少なからずあるはずです

若手選手が思ってきたよりも伸びてこないチーム、頼みの外国人選手がケガをして離脱したために補強が必要になる、また、シーズン前に獲得した選手が不振のために穴埋めをするなど、ケースは様々です。

しかし、持つ意味はどこも同じだと思います。

現状を変えるためにその選手を起用するということです。

今シーズンでは、オリックス日本ハム、ロッテ、阪神が途中加入で新外国人を獲得しています。

オリックス日本ハム、ロッテは外国人選手を獲得後あまり間を開けずに一軍で起用しています。

しかし、阪神は他のチームと違うようです。

獲得したロジャース選手はそもそも獲得を発表してから来日するまでの期間が空き、獲得してからもオールスターを挟んだために一軍昇格が遅くなると思われていました。更に、ロジャース選手は良い状態までに持っていけていないようで、オールスター明けの一軍昇格は見送られました。

そこで、なぜその選手を獲得したのかという問題が浮上してきます。その現状をすぐにでも打開するために獲得したはずの外国人選手。このままでは現状を打開できず、低迷したままになってしまう可能性も充分にあります。

 

ロジャース選手獲得については多くの疑問が残りますが、様子を見守る他ありません。