読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ漬けの毎日

スポーツ観戦漬けの毎日で思ったことを文字にします Twitter @dioscola

アウト!セーフ!いや・・・アウト?

昨日の日本シリーズ、広島が北海道日本ハムに勝利し対戦成績を広島2勝日本ハム0勝としました

昨日も途中まで接戦だったのですが、流れを変えたプレーがありました6回裏ノーアウトランナー二塁、広島の菊池は外野へと抜ける打球を放ち、ランナーの田中広輔選手がホームベースめがけてスライディング、判定はアウト
しかし、判定に納得がいかない広島の緒方監督がビデオ判定を要求
映像を確認した審判は判定がセーフであったと確認、判定は覆り得点が認められる形となりました
しかし、翌日のスポーツ紙
http://news.line.me/issue/oa-sponichi/urek7jd8kyep?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=rHn77283313435
参照
では、決定的瞬間とされる画像が掲載されております
たしかに、リプレイの映像を見ますと、田中選手のヘルメットが揺れているように見えました
これがミットが触れたのかどうかはわかりません

中継を見ていますと、この判定が覆ると野球の醍醐味がなくなってしまうとおっしゃる解説者がいましたが、間違っているのでのを訂正するのは正解
最初の球審の判定は、タッチをしたということでアウトとしたのでしょう
判定が覆ったということはタッチができていなかったということなのでしょう
しかしここで写真が出てきました。仮にこれがヘルメットにミットが触れていてアウトだった場合、何のためのビデオ判定なのかとなってしまいます
扱う側がしっかりとしていないと、この制度の意味がなくなってしまいます

田中広輔選手はビデオ判定になるプレーが多いそうですが、それだけ攻めたプレーをしているのでしょう(本塁打の誤審もありましたが・・・)

これから日本シリーズは第三戦、第四戦と続いていきますが、見ている側も試合をする側ももやもやすることのない試合をしていってほしいです