スポーツ漬けの毎日

スポーツ観戦漬けの毎日で思ったことを文字にします Twitter @dioscola

ドラフトを終えての感想と分析

プロ野球ドラフト会議が終わりました

ドラフトの目玉と言われていた投手はまたもやパ・リーグへと集中
また、即戦力も多いですから!ルーキー同士の対決や大谷選手との投げ合い、勝負も見ることができるかもしれません

前置きはここまでにしまして、
阪神は一巡目で白鴎大の大山選手を単独指名
聞いただけでは悪くないといえば悪くないですが、あれだけ良い投手がいる中、競合を避けてまで指名をする必要があったのか
阪神は勝負しに行ってほしかった
なぜ、あえて、野手に行ったのか

金本監督の一声でどうやら決まったそうですが
阪神の今年の野球、覚えていますでしょうか
投手のことはわからないので、投手交代は矢野作戦兼バッテリーコーチまたは香田投手コーチに委ねていました

その金本監督が野手を推すのは自然ではないでしょうか
現場の声を尊重と言っておきながらも金本監督以外の現場の声も必要ではなかったのでしょうか

また、中継ぎ強化というポイントともズレが生じている気が

まあ、去年のドラフトも誰やねん!の連発でしたが結果はご覧のとおりなので、来年の今頃にでもまた振り返ることにしましょう