読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ漬けの毎日

スポーツ観戦漬けの毎日で思ったことを文字にします Twitter @dioscola

構想?迷走?

現在5位を走る(?)阪神
シーズン終了後の話題のなかに試合結果がちらほらと出ています

昨日、福原忍投手が引退を表明。そのことについてはまた別に触れようと思います

ここからはスポーツ紙の話題なので情報の信憑性は定かではありませんが、シーズンオフの動きについて取り上げます
得点力不足、本塁打の少なさにに悩まされた阪神バレンティン選手の獲得の噂が出ていました
バレンティン選手は守備力(特に捕球)が課題。
攻撃が最大の防御とも言いますが、致命的なエラーで勝ちを逃す可能性もあります
そう考えると、FAで中日の大島選手を獲得に向かうほうが走塁力不足を解消できるので良いのかもしれません

つづいて、投手の話題
岩崎優投手のセットアッパー転向プランが出てきているようです
岩崎投手といえば、先発投手として活躍していますが、左の中継ぎのコマ数が足りないということから転向プランが出ているのかもしれません。
藤川球児のように先発から中継ぎへ・・・という話になっているようですが・・・
藤川球児投手は6回持たないことが続いており、中継ぎに転向しました。一方岩崎投手は相手の3順目に打たれやすくなるようです。勝ち星は多くありませんが、それは打線の援護が少ないのが原因であることもしばしば。

そこから見て、阪神はやはり先発の強化をしたいのではないかと考えます。今年のドラフトはどちらかといえば投手に注目が集まります。そこで即戦力の投手を指名して来年に備えるのでしょう。

石崎投手がケガをすることなく一年間活躍すればセットアッパーとして期待できるのですが・・・