スポーツ漬けの毎日

スポーツ観戦漬けの毎日で思ったことを文字にします Twitter @dioscola

121

交流戦が始まり、オリックスが7連勝したり、巨人が12連敗、その影でヤクルトが負けを重ね…ということが続いておりますが、今回は少し違うことについて取り上げたいと思います。

それがタイトルと関係があるのですが…
今日、埼玉西武木村昇吾選手が支配下登録されました、木村選手といえば広島からFAで埼玉西武に移籍し、埼玉西武では今年二年目を迎えます。

木村選手は昨年のシーズンオフにケガのリハビリのために支配下から育成へとなりました。
そのケガも順調に回復し、支配下、そして今日スタメンとなったわけです。

しかし木村選手、ユニフォームが間に合わず育成選手時代のユニフォームを着ての試合となります
そんなのありなのか!と思ったのですが、ありのようです。
巨人も気になりますが、そちらの方にも注目してみたいと思います。

復調の気配見せず再調整もできず・・・

5月のオリックスが多く負け越しています

現在3勝19敗、月間20敗に王手がかかってしまっています

また、現在9連敗中で、現在最下位のロッテに連敗しています

5月は残り3試合。月間20敗を避けるには負けられません

5月末からは交流戦が始まりますのでそこで調子を取り戻したいところですが

投手陣、打撃陣ともに調子がよくありません。期待されている吉田正尚選手、ロメロ選手もケガ、また、モレル選手もケガをしています

何が悪く、そしてどう打開するかがわからない状況に陥っているように思いますので、なにか少しのことをきっかけに現在よりも良くなる可能性が考えられます

いつになるかはわかりませんが、それが交流戦でそこから盛り返すのが一番近いのかもしれません

復調気味?と再調整

今週の阪神タイガースですが、連敗も止まり、打線も少し復調しているのかな?と感じさせる試合になっているように思います

でもまだまだ連勝していたときと比べるとやはり若手にもう一本あればと思わせてしまいます

一軍と二軍の入れ替えが野手に関してはあまり行われていないので、二軍から上がってきた選手が活躍して弾みがつくというのが少ないのかもしれません。

そこに関しては、一軍にいるが出番が少ない選手が出場してアピールするということが求められているのかもしれません

 

その中、投手では若干不安な面があります

藤浪投手が三敗目を喫しました

打たれてKOというわけではなく、コントロールを悪くし、フォームを見直したがまた合わずに崩れるという負の連鎖に入っているように見えます

藤浪投手は自分の投球をよりよくするためにフォームをどうすればよいのかを考えているように思うので、そのうちにバランスが悪くなっているのだと思います。また、WBCの代表に選ばれたこともあり実践の機会が少なかったのも原因なのかもしれません

ケガ・病気以外での再調整で二軍に落ちるのは初めてということで、焦らずにじっくりと見直して再び一軍のマウンドに戻ってきてほしいと願っています

初登板

阪神がヤクルトに連敗して、連敗が3になりました
昨日は藤浪投手が乱調、打線も奮いませんでした
連敗中の得点も、1・1・3と少ないです
好調の時期があれば、そうではないときがあるのが当然ですので、今が踏ん張りどころなのかもしれません

そこで連敗ストップを託されるのは、ドラフト2位指名の小野投手。
プロ初登板が初先発となります。
相手の先発も今年ドラフトで入団した星投手です
どのような対決になるのでしょうか

ロッテに何があったのか?

開幕して早くも1か月を過ぎたわけですが、チーム状態が一向に上がらない千葉ロッテ
オープン戦では首位でした。WBCがあったので主力がごっそり抜けたチームもありましたので、あまり関係ないかもしれませんが…

チーム不調の要因としては、やはり打撃力不足にあると思われます。
チームとしては鈴木大地選手の調子が良いのですが、チャンスで回るということも少なく、得点力が低くなってしまっています

また、最も予想外だったのは、外国人選手があまりにも打てなかったということでしょう。
パラデス、ダフィー両助っ人ともに今は二軍です。
やはり、デスパイネが抜けた穴はとても大きかったと感じざるを得ません。

新たな外国人選手の獲得も噂されていますが、チーム状態によってはきょうにも自力優勝が消滅してしまいますので、テコ入れは急務となりそうです。

開幕8試合を終えて

開幕から3カード終了しました

阪神は雨天中止を挟んで4勝4敗の勝率5割
まずまずといったところでしょうか
開幕カードの広島戦では荒れに荒れたような気がしますが、徐々に落ち着きが出てきているように思います。
しかし、延長であったり、先発投手の早々の降板などもあり、中継ぎ投手の負担がかなり大きくなっているように思います。
藤川や松田など、調子が良いと言われていますが、シーズン通して調子が良いわけではありませんし、例年のようにシーズン終盤の息切れにつながりかねません。
中継ぎ投手の負担を減らすためには、先発が長いイニングを投げることにつきます。そのためには、完投できるようなピッチングをしてほしいです。
完投できる能力のある投手がいるのですから、ムダなボールを減らせば、うまくいけば完投できるはずです。

その点を考えると、昨日のオリックスは西投手が12球団の先発投手の中で初完封をするなど、とても良い流れで来ていると思います。モレル選手や吉田正尚選手を欠くなかで打線にもつながりが出ているように思います。

開幕8試合を終えて

開幕から3カード終了しました

阪神は雨天中止を挟んで4勝4敗の勝率5割
まずまずといったところでしょうか
開幕カードの広島戦では荒れに荒れたような気がしますが、徐々に落ち着きが出てきているように思います。
しかし、延長であったり、先発投手の早々の降板などもあり、中継ぎ投手の負担がかなり大きくなっているように思います。
藤川や松田など、調子が良いと言われていますが、シーズン通して調子が良いわけではありませんし、例年のようにシーズン終盤の息切れにつながりかねません。
中継ぎ投手の負担を減らすためには、先発が長いイニングを投げることにつきます。そのためには、完投できるようなピッチングをしてほしいです。
完投できる能力のある投手がいるのですから、ムダなボールを減らせば、うまくいけば完投できるはずです。

その点を考えると、昨日のオリックスは西投手が12球団の先発投手の中で初完封をするなど、とても良い流れで来ていると思います。モレル選手や吉田正尚選手を欠くなかで打線にもつながりが出ているように思います。